英語の請求書の書き方,作成方法

請求書についてはこちら
請求書の書き方

英語の請求書を書く際に必要となる項目についてまとめました。
また事前にテンプレートをダウンロードしておくと、作成の際に便利です。
請求書の英語テンプレートのダウンロードはこちら

作成時に必要な項目

請求書、見積書、発注書、納品書、検収書のエクセル雛形テンプレート無料ダウンロード  英語の請求書の書き方,作成方法請求書4 英語_xlsx2完成形2

①Invoice

請求書

書類が何か分かるように記載します。

②Project Code

請求書番号

任意ですが請求書管理のために通番号を付けておくと問い合わせの際にもスムーズに対応できます。

③Issue Date

発行日

発行日は業種により異なることもあるため取引先にも確認するようにしましょう。

④Address

宛先

相手方の会社名、住所、電話番号等を記載します。

発行元

自分の会社名や連絡先を記載します。

⑥Total Amount

合計

合計金額を記載します。

⑦Due Date

支払い期日

⑧Description

詳細

取引をした商品やサービス名を記載します。

⑨Quantity

数量

数量を記載します。

⑩Unit Price

単価

単価を記載します。

⑪Value

金額

詳細ごとの金額を記載します。

⑫Sub Total

小計

税抜き価格を記載します。

⑬Tax

消費税

消費税を記載します。

⑭Total

合計

消費税込みの金額を記載します。その際⑥と同じになっているかを確認しましょう。

⑮Bank Account

銀行口座

振込先口座の金融機関情報を記載します。一つの口座のみ記載する場合と複数口座を記載して相手先に都合の良い口座を選択してもらう場合があります。併せて銀行コードと支店コードも書いておくと、より丁寧です。

⑯Note

備考

経理的な連絡事項がある場合などに使用します。
また外国の金融機関に対して振込を行う場合は国際規格の金融機関コードを用いる必要があることから、国際銀行通信協会が扱う「SWIFTコード(BICコード)」を調べ、記入しましょう。

「もっと楽に行えたら」と悩みながら
書類作成をしていていませんか?

請求書作成は手間がかかり、本来行いたい業務の時間を割いて行うため効率的に行う事が望ましい業務です。また取引先との信頼関係にも関わるため正確に行うべきでもあります。

ではどうすれば正確さを欠く事なく、効率化を図る事ができるのでしょうか?

紙ではなくクラウドの書類管理サービスを使うことでこれらの悩みが解決されます。
クラウドの書類作成サービスには利用者の希望に応じて外部との共有や書類の変換、定期発行や郵送代行など様々な機能があります。必要に応じて最適なサービスを利用するようにしましょう。

見積書、請求書の作成・受け取り管理サービスnakao-sanを使えば「作成・共有・管理・変換」までの作業をかんたんかつ正確に行う事が可能です。